早いうちに土地を贈与

鍵3建物と敷地のいずれかだけを贈与してもいいのです。家屋の評価額(固定資産税の課税評価額で評価します)は、年を追うごとに値下りをするか横バイの状況ですが、土地の評価額(相続税の課税評価額によります)は、上昇をしている地域もあれば、下降している地域もあります。上昇を続けている地域では、相続のときに高い評価で課税されるよりは、早いうちに土地を贈与してしまったほうが得策かもしれません。いずれにせよ土地の評価額については、毎年の改定に十分留意しなければなりません。なお、家屋の所有者が息子であって、父が、その敷地(父名義)を配偶者(妻=母)に贈与した場合でも、その家屋に贈与を受ける妻が住んでおり、かつ、その家屋の所有者(息子)が父母と同居している場合(親族関係にある場合)には、その敷地について、配偶者控除の適用が受けられます。積極的に、配偶者控除を活用する残念なことですが、稼ぎ手の夫が先に死亡し、妻が長生きをするというケースが一般的なので、相続対策としても、住まいだけは優先して妻に残しておきたいと夫は思慮をし、妻もまた、それを望むことでしょう。相続のときに、相続開始前3年以内に被相続人から贈与によってもらった財産は、課税価格に加えて、相続税の計算をすることになっていますが、贈与税の配偶者控除を受けた居住用不動産については、贈与を受けた日から3年以内(相続開始の年の贈与を除く)であっても、配偶者控除相当額は贈与を受けなかったものとして、相続税の計算をすることになっています。

☆邑久駅エリアでオススメの土地をご紹介中☆邑久駅エリアで土地や戸建,マンション等の不動産物件をお探しなら当サイトをぜひご利用ください!当サイトではご家族向けの広々間取りの戸建てや,のんびり暮らせる長閑な環境に佇むマンションなどの不動産物件を数多く取り揃えております☆